リンパマッサージで身体が健康【学ぶためのコースを調べる」

コンテンツ一覧

勤務医の負担を減らす人材

男女

仕事内容や資格試験など

医師事務作業補助は、病院で行われる医師事務作業を手助けする役目を持ちます。病院ではさまざまな事務作業が行われており、勤務医が行わなくてはいけないものもあります。しかし、その他の業務から勤務医にとっては負担が大きくなってしまう場合もあるため、医師事務作業補助の人材が設けられるようになったのです。医師事務作業補助は円滑な医療業務を行うためにも、欠かせない存在となっています。この医師事務作業補助になるためには、資格試験に合格しなければいけません。資格試験は年に6回行われており、筆記と実技にわかれています。しかし、資格試験を受けるためには受験資格が必要となります。受験資格には、教育機関が行う教育訓練で適合する人物と認められた者、そして研修など実務経験が半年以上であることが挙げられます。その他には認定委員会が認める人材も受験資格となり、先ほどの分も含めてどれか1つ当てはまっていれば試験が受けられます。医師事務作業補助の試験は合格点が筆記と実技でそれぞれ70点です。試験の合格率は60%前後でそれほど難しくはありません。合格をすればドクターズクラークの称号が与えられます。この称号は、診断書や処方せんなどの知識や技能を持っている証拠を示します。医師事務作業補助は病院内のデスクワークにおいて大きな役割を占めることになるので、今後の活躍がさらに期待されています。何事も臨機応変に対応できるところが医師事務作業補助に求められる部分となるので、適職かを見極める必要があります。